ワキガについて

くさいくさい!!ワキガの対策方法5選

くさいワキガの対策方法

服の襟元から鼻にツーンとニオってくる、イヤなワキガのニオイ。

ニオイが気になって、こまめに汗を拭いたり制汗剤を使ったり、食事に気も付けている。

 

だけど、

「費用と手間がかかって、面倒くさい」

「いつもニオイが気になって、周りの目を気にするストレスで疲れる」

こんな悩みはないですか?

 

私もワキガ臭にいつも悩み、何かにつけて消極的になりがちでした…。

恥ずかしくて、友達にも相談できないほど。

好きな人には、ぜったいに知られたくなかったです。

 

そんなイヤなワキガ臭を止めたいと思い、ネットで検索したり本をよんで調べていました。

すると、いくつか解決する方法があることを知りました。

 

その方法の中から私は、強いデオドラント効果のある制汗剤に出会うことができました。

今では脇のニオイを気にしないで、のびのびした気分で毎日を過ごせています。

 

今回、ワキガに効果のある対策方法を調べたことを記事にしようと思いました。

同じようにワキガに悩んでいる方は、参考にして頂けると嬉しいです。

きっとイヤなワキガ臭に悩まず、開放感のある生活を送れるようになると思います。

 

なんでワキガは臭くなるの?

ワキガが臭い理由

ワキガの仕組み

身体から汗がでる部分は、汗腺と言います。

汗腺には、アポクリン汗腺とエクリン汗腺という2種類があります。

 

エクリン汗腺は身体のいたるところにあり、その汗は99%が水分でニオイはありません。

暑いときにでる、ふつうの汗がこっちです。

 

ワキガになるのは、アポクリン汗腺からでる汗。

この汗にはタンパク質や老廃物などが含まれています。

 

もともと、アポクリン汗腺からでる汗にはニオイはありません。

肌にいる常在菌が、汗に含まれる成分を食べることでニオイが発生します。

 

ワキガのにおいの種類と強さの違い

ワキガはアポクリン汗腺から分泌される老廃物などを常在菌が分解することで発生します。

アポクリン汗腺に含まれる成分も体質や体調によって違いがあり、臭いに違いがでてきます。

 

肌にいる常在菌にも黄色ブドウ菌をなどの数多くの菌が存在します。

その種類の違いによる発生する悪臭も変わってきます。

 

ワキガは汗の量と肌にいる常在菌の量・種類によって、臭いと強さに違いがでてきます。

 

詳しくはこちらの記事にも書いています。

要注意
【要注意】人を不快にさせる!?ワキ汗・ワキガの原因

  ふとした時、ワキからイヤなニオイが…。   その瞬間から「ワキガかもしれない」と思い込んで一日中頭から離れなくなる。 薄着の季節でも汗ジミを恐れて、白いシャツさえ着れない。 & ...

続きを見る

 

 

ワキガ対策1 局所を清潔に保つ

清潔な肌

ワキガの原因であるアポクリン汗腺からでる汗は、分泌された直後はニオイはありません。

それが皮膚に住みつく細菌によって分解され、クサいニオイを発生させます。

 

つまりワキガ臭は汗と細菌の2つがそろって初めて発生します。

なので肌の清潔を保ち、汗と細菌のどちらかを抑えることが出来れば、ニオイも軽減できます。

 

そのためには、清潔を保つのが一番。

その具体的な方法は、次の3つになります。

 

ワキを清潔に保つ方法1 脱毛

ワキ毛が多いと、そこに常在菌が繁殖しやすくなります。

そうなるとニオイがキツくなってしまいます。

 

かみそりで毛の根元にいる雑菌ごときれいに剃る、毛抜きで毛を根元から抜くと効果的です。

毛穴まで入り込む脱毛クリームも有効です。

脱毛によって細菌の繁殖を抑えられると、同時にワキガ臭の発生を抑えることも期待できます。

 

ワキを清潔に保つ方法2 薬用石けんでよく洗う

帰宅後や朝出かける前のシャワーや入浴は不可欠です。

石けんは除菌効果の高い、薬用石けんを使いましょう。

ネットタオルなどでよく泡立てて使うと、より洗浄力が高まります。

 

ボディソープに比べて固形石けんのほうが殺菌効果が高い傾向にあります。

また、保湿力のある商品を選ぶことで肌にうるおいを与え、より清潔を保てるようになります。

 

悪臭のもとを洗い流すことで、においを減らしスッキリとした気分になりますよね。

こまめな入浴をおすすめします。

 

ワキを清潔に保つ方法3 生理食塩水でこまめに拭く

黄色ブドウ球菌などの常在菌には、生理食塩水が簡単で効き目があります。

市販の生理食塩水をコットンに浸して、2~3時間おきに拭くようにしましょう。

 

お店で売っている、薬用の汗拭きシートも有効です。

アルコール配合などの、殺菌効果の高いものがより効果があります。

 

まず脱毛しておき、外出の前後はシャワーか入浴をして、外出先ではこまめに拭く。

軽いワキガの症状であれば、日常のケアである程度抑えることは可能です。

ただし、手間がかかってしまいますし、夏の暑い時期はキリの無い作業になってしまいます。

 

ワキガ対策2 香水で体臭を隠す

香水を使ったごまかし

より強いニオイで、ニオイを隠してしまう。

体臭に対して原始的な対策方法です。

 

もともと香水は「体のニオイを隠すため」に開発されてきました。

とくに欧米の人は日本人に比べ、肉食で体臭がキツくなりやすい体質でした。

そこでヨーロッパを中心に香水が発達していきました。

 

いまではファッションのひとつとして使用している人もいるでしょう。

女の子らしいカワイイものから、大人っぽいニオイまで色々とありますよね。

 

それほど強くない体臭には香水で隠すことができます。

けれど、ワキガのような強いニオイをカバーするために強い香水を使うと、ニオイが混ざり合います。

すると、思わず鼻をつまんでしまうほどの異臭になりかねません。

 

さらに本人はさほど気が付かない場合が多いです。

せっかくの体臭対策が逆効果になってしまいますよね。

香水などでニオイをごまかすときは、気を付けて使いましょう。

 

ワキガ対策3 食事療法で体臭を軽減する

食事療法

体のニオイと食べ物は非常に関係があります。

ワキガ臭の原因を作り出すのは、汗に含まれる成分です。

 

その成分には脂肪と、そこに含まれる脂肪酸が含まれます。

これはジャンクフードや肉料理を食べると、体外にだしやすくなります。

 

昔から肉食中心の欧米人にワキガが多く、菜食中心だった日本人にワキガが少ないかったんです。

最近は洋食やファーストフードもたくさん増えて、体臭をだしやすい環境になってきました。

 

穀物、魚介類を中心とした日本食にし、肉類は控えめというのが理想です。

ファーストフードやコンビニなどの加工食品、冷凍食品などは飽和脂肪酸を多く含んでいる傾向にあります。

 

また、生のニンニク、ニラやタマネギ、パセリなどは汗のニオイをきつくします。

出来合いのお惣菜やバランスの悪い食生活を送ると、ワキガ体質を助長させてしまいます。

 

ワキガ体質を改善するためには、食生活を改善することが1つのポイントです。

ただし、食事療法は体質改善の意味合いが強いです。

 

どんなに厳密に食事制限をしても、必ずワキガが治るというものではありません。

ワキガの予防・改善には、食事制限は万能の手段ではないことを知っておきましょう。

 

ワキガ対策4 制汗剤を使用する

制汗剤

制汗剤を使用することで、汗を多くかく人でも発汗を抑えることができます。

汗自体を止めるので、ワキガ臭の元から防ぐことができます。

 

最近は殺菌効果のある制汗剤もあり、ワキガに効果的になっています。

ただし、その効果は制汗剤の種類によってさまざまです。

中には香水と同じように消臭剤のニオイで、汗のニオイを隠すようなものもあります。

 

使う前に、自身のワキガの程度にあった制汗剤を選ぶことが重要となります。

そのためには、制汗剤の種類や成分、期待できる効果を調べてから使うようにしましょう。

 

制汗剤の種類を知りたい方は、こちらをご覧ください。

制汗剤選びに迷わない!制汗剤の種類とオススメのタイプ

ワキ汗やワキガ臭に悩んで制汗剤を使おうと思っても、どんな制汗剤を使ったら良いか分からないことはないですか? お店を見てみると、たくさん種類があります。   シートタイプでふき取るもの スプレ ...

続きを見る

 

 

ワキガ対策5 外科治療(手術)によって治療する

手術

現在のところ、最も確実なワキガ・多汗症の治療方法となります。

香水や制汗剤などでカバーできず、その他のさまざまな治療が効果がなかった場合に、

 

外科的治療によって根治をはかるのが、最も確実な方法となります。

一度手術を行い、汗が止まるとその効果は半永久的に続きます。

 

ただし手術の種類によっては、デメリットがあることも…。

手術によるデメリット

「保険適用外で高額な治療費になってしまう」

「手術を受けても、やがて再発してしまう」

「手術後に別の部位の汗が増加する等の後遺症がでる」

「術後の通院が必要であり、時間がかかる」

「傷跡が残る場合がある」

「全身麻酔による手術で身体に負担が多く、術後も痛みがある」

 

まとめ

ワキガを抑える方法

・ワキを清潔に保つ

・香水で抑える

・食生活を改善する

・制汗剤を使用する

・手術を検討する

 

以上がイヤなワキガに効果がある対策方法になります。

局所を清潔に保ったり、食事に気を付けることは大事です。

 

中でも、最もワキガに効果的で手軽に使えるのは、制汗剤による対策だと思います。

制汗剤による治療でワキガに効果がみられなければ、手術も検討しても良いのではないでしょうか。

 

制汗剤にはさまざまな種類、成分があります。

自分に合った制汗剤を選んで使うことで、長く使い続けることができるようになります。

ワキガを気にしないくらい効果を実感するのにも重要になってきます。

 

私はデトランスαという制汗・デオドラント効果の高い制汗剤に出会いました。

デトランスαは制汗剤のなかでもトップクラスの効果があります。

 

使い始めたころは、その効果にビックリするくらい!

しかも2・3日に1回の使用で良いのがうれしいところ。

 

今ではワキガにもワキ汗にも悩まないスッキリとした日々を送れています♪

もう手放せないってくらい愛用しています❤

 

興味のある方は、こちらをクリックしてみてください。

デトランスα
デトランスαはワキ汗を止めるデオドラント

ワキ汗を止めたい…。 夏のあつい時期や冬の暖房の効いた部屋、こんでいる電車の中で、ふと鏡を見ると服がワキ汗で濡れている…。 いつから濡れていたの? 誰かに見られていたら、恥ずかしい! ニオイは大丈夫? ...

続きを見る

 

 

-ワキガについて

Copyright© あせブロ , 2021 All Rights Reserved.