汗について

バイトの制服の臭いが気になる!具体的な洗い方と対策方法

制服の臭いの臭いの落とし方と対策方法

アルバイト、パートで着ている制服の臭いが気になる!!

制服に着替えるときにそう思うことはありませんか?

 

私も飲食店で働いていた時に、制服に汗や油の臭いが混ざって悲惨なことになりました…。

バイトの制服って、枚数が限られていたりして毎日洗濯することが難しかったりしますよね。

洗濯しても、臭いがとれないこともあります。

ファブリーズなどでごまかそうとしても、日に日に変な臭いになってきたり…。

 

このまま間違った洗濯の仕方を続けたり、匂いでごまかし続けると悪臭が蓄積してしまいます。

そうすると職場の人たちから「あの人クサい」って思われるかもしれません。

お客様に接する場合は、仕事の成果にも影響してしまうかも。

 

今回

・仕事の制服の臭いの落とし方と対策方法について

具体的に記事にしました。

制服の臭いの落とし方から、制服に臭いがつきにくい方法を解説していきます。

 

私も汗の臭いが服につきやすかったのですが、きちんと対処することで気にならなくなりました。

この記事を読んで素直に継続して頂ければ、仕事中の服の臭いに悩まなくなります。

 

制服の臭いを落とす洗濯方法

洗濯方法

制服の臭い対策で大切なのは、きちんと臭いを落とすこと。

そのためには、正しい洗濯が必要になります。

その方法は「ぬるま湯」と「ハイター」で「つけ置き」することです。

順番に洗い方をみていきましょう。

 

30℃~50℃くらいのぬるま湯にハイターを溶かす

ぬるま湯を準備する

50℃のお湯

ぬるま湯の温度は30℃~50℃を目安に準備してください。

衣類によっては、もう少し低めにする場合もあります。

洗濯マークに30と記載されているば、30℃を目安にしてください。

 

温度が低いと服の繊維に絡まった油分を溶かすことができません。

また温度が高すぎると服を傷めたり、火傷してしまう恐れがあります。

 

ぬるま湯を容器に入れる

ぬるま湯を容器にためる

つけ置きする量が少なければ、洗面器やバケツ、タライでも大丈夫です。

プラスチックの引き出しや衣装ケースをバケツ代わりにしてもいいです。

 

量が多い場合は、洗濯機をバケツ代わりにすることも可能です。

(変則的なことが出来ない洗濯機も中にはあります。ご自宅の洗濯機を確認してから代用してください。)

 

ぬるま湯が何リットルか確認してハイターを入れる

ハイターの軽量

ぬるま湯を準備できたら、ハイターを入れます。

まずは、ぬるま湯がどれ位の量が入っているのか確認しましょう。

そして、ぬるま湯1リットルに対しハイター10mlを入れましょう。

 

量が増えるときは、

・ぬるま湯が2リットルの場合はハイター20ml

・ぬるま湯が10リットルの場合はハイター100ml

というように、単純にかけ算をしてください。

 

ハイターは塩素系漂白剤よりも、酸素系漂白剤を使いましょう。

塩素系のハイターだと色落ちや、衣類を傷めたりする可能性があります。

私のオススメは緑色のパッケージのワイドハイターEXです!

ワイドハイターEX

衣類には洗濯表示のマークのタグがついています。

漂白剤を使用していいのか確認してから使いましょうね。

 

塩素系ハイターの特徴

主に衣類などを白くする働きはあります。

強力な漂白力で汚れを落とし、殺菌効果があるのが特徴。

衣類色まで脱色してしまうので、色物や柄物の衣類には使えません。

使用できない

洗濯表示

 

酸素系漂白剤の特徴

主に衣類を洗濯するときに使用します。

塩素系に比べて漂泊力は劣りますが、水洗いできる衣類に使用することができます。

色柄物の色落ちの心配が無く、洗濯することができます。

使用できない

洗濯表示

塩素系と酸素系の漂白剤を混ぜないでください。

危険な塩素ガスが発生し、事故につながります。

 

ハイターをぬるま湯に入れたら、よく混ぜます。

肌が弱い人は、ハイターを使う時にゴム手袋を使いましょう。

ハイターの臭いが苦手な人はマスクを着用してください。

 

衣類を30分~2時間つけ置き

つけ置き

ぬるま湯にハイターをよく混ぜたら、衣類をつけ置きします。

つけ置きの時間は、30分~2時間が目安となります。

衣類の汚れ具合をみて、つけ置きの長さを決めてくださいね。

 

また汚れや臭いが強い場合は、一晩つけ置きをしてみてください。

時間がたつと、皮脂が分解され臭いと汚れが落ちている状態になります。

 

すすいで脱水して干す

つけ置きが終わったら、すすぎと脱水をします。

つけ置きした衣類を洗濯機に移しましょう。

すすぎ脱水は通常の洗濯と同じで大丈夫です。

 

すすぎ終わった衣類は、できるだけ早く乾燥させましょう。

直射日光があたるベランダに干せない場合は、部屋干しでも構いません。

 

部屋干しをすると、イヤな臭いがした経験があるかと思います。

その原因は、衣類に残った雑菌の繁殖によるものなんです。

今回の様にハイターでしっかりと汚れを落とした洗い方であれば、臭いはしにくいです。

通気性の良い場所に、衣類同士の感覚をあけて干してみてください。

 

もしも心配な方は、乾燥機を使ってしっかりと乾かしてください。

 

香り付きの柔軟剤を使う

 

柔軟剤

柔軟剤は衣類にふんわりとした柔らかさを与え、とっても良い匂いをつけてくれます。

いまでは色々な香りの柔軟剤が販売されています。

自分好みの匂いを楽しめるのは嬉しいですよね。

 

イヤな臭いの予防効果

商品によっては、柔軟と香りつけ以外にも効果があります。

防臭効果があるものは、食べ物臭やたばこ臭などの外部からのイヤな臭いをつきにくくしてくれます。

抗菌効果のあるものは、汗をかいた後の菌の繁殖を抑えて汗臭さを防いでくれます。

このように、イヤな臭いを予防することができるんです。

 

柔軟剤の使い方

柔軟剤をつかって衣類に香りをつけるには、衣類の汚れをしっかりと落とす必要があります。

ぬるま湯とハイターのつけ置き洗いで十分に汚れと臭いを落とすことができます。

 

つけ置きして洗濯機ですすいだ後に、柔軟剤と水でさらにつけ置きしてください。

このときに、柔軟剤のパッケージに記載されている適量を守ってください。

多すぎると衣類を傷めたり、匂いがきつくなることがあります。

 

つけ置きしたあとは、しっかりと干して乾燥させましょう!

 

柔軟剤の香りは長続きする?

柔軟剤には陽イオン性界面活性剤という成分が含まれています。

この成分が香りの成分を衣類に付着させてくれます。

付着した香り成分の違いで匂いの持続効果が変わってきます。

すぐに匂いを感じやすい「トップノート」

中間の「ミドルノート」

持続力のある「ラストノート」

と柔軟剤に含まれる成分によって、匂いの持続力は変わってきます。

最近はカプセルに閉じ込めたり、こすると香りがでるものなども発売されています。

好みにあわせて柔軟剤を選んでみてください。

 

衣類に臭いがつく原因

臭いの原因

衣類に臭いがつく原因はいくつかあります。

仕事の制服は、業務の種類によって臭いの原因は違ってくると思います。

けれど、汗や体臭による臭いはどんな服にもついてしまいます。

 

体の臭い

体の臭い

どんな仕事でも、誰でも汗はかいてしまいます。

その汗が臭いの原因になるんです。

 

汗じたいには臭いがないのですが、そこに含まれるタンパク質や老廃物を菌が分解することで臭いを発生させてしまいます。

そして衣類に汗が染みこむと、菌が繁殖して「汗臭さ」を感じてしまいます。

 

また皮脂による臭いは、加齢臭と呼ばれる臭です。

この加齢臭は毛穴から分泌される脂肪酸が、時間とともに酸化して臭いがします。

皮脂も衣類に染みこむと、衣類から臭いがしてしまいます。

また黄ばみの原因にもなります。

 

食べ物の臭い

食べ物の臭い

焼肉のけむりやニンニクなどの臭いの強い食材は、着ている衣類にも臭いがついてしまいます。

飲食店で働いていると、どうしてもそういった臭いがつきやすくなってしまいます。

 

食品の油が服や髪の毛に付着すると、臭いの原因になります。

油による汚れは空気中の臭い成分の粒子を結合してしまう特徴があります。

そうすると、臭いがなかなか取れなくなってしまいます。

 

たばこの臭い

たばこの臭い

たばこを吸う人はもちろんですが、職場の人やお客様がたばこを吸うこともあります。

だいぶ禁煙が広まりましたが、たばこを吸うコミュニケーションは今まだに存在しています。

自分が吸っていないのに、たばこの臭いが服につくのってすごくイヤですよね。

 

たばこには数百の化学物質が含まれていて、それらが混ざり合い臭いを発生しています。

その中に含まれるタールは、非常に強い粘着性を持っていて、衣類や髪の毛に臭いをつけてしまいます。

また、アンモニアや酢酸もふくんでいて不快な臭いに感じてしまいます。

 

制服につく臭い対策

こまめに洗濯する

こまめな洗濯

可能であれば、1日着た服はその都度洗濯するのがベストです。

洗濯方法は洗濯機と洗剤で、ある程度の汚れと臭いを落とすことが出来ます。

 

そのときに水と洗剤の量が適切でないと、きちんと洗濯することができません。

また、洗濯後にすぐに乾燥させなかった場合には衣類に残った雑菌が繁殖しさらに臭いを発生させてしまいます。

これは部屋干しした時によくある臭いです。

 

こうした積み重ねが衣類に臭いを蓄積させてしまいます。

そうなる前に、ぬるま湯とハイターでのつけ置きでリセットしてあげましょう。

 

汗を抑える

制汗

体からでる汗を抑えることで、臭いの原因そのものを抑えることができます。

通勤や移動で汗をかいたなと思ったら、汗拭きシートなどでこまめに拭きとりましょう。

 

脇汗は臭いが発生しやすく、汗の量も多くなります。

脇汗パッドやパッド付のキャミソールを使うと、服に染みこみにくくなります。

汗を出にくくする制汗剤を使うのもおすすめです。

 

食生活を改善する

食生活の改善

インスタント食品やコンビニのお弁当の油分の多い食事、ニンニクやキムチなどの臭いの強い食べ物は体臭を強くします。

 

汗と皮脂は、そこに含まれるタンパク質や老廃物によって臭いを発生させています。

日々の体に取り入れている食事が、体から排出する老廃物の臭いに影響を及ぼします。

 

食事に食物繊維を取り入れて、便通をよくすることで便から老廃物を出すようにすると体臭を改善することができます。

海藻や豆類に食物繊維は多く含まれています。

また、ビタミンCを含む緑黄色野菜や緑茶には、抗酸化作用がありタンパク質や脂質の酸化臭を抑える役割があります。

 

毎日の食事に、海藻・豆類・野菜類を取り入れてみてはいかがでしょう?

制服についた臭いを落としてみましょう

制服についた臭いが気になりだした。

洗っても、なんだか臭いがする。

そんなときは、衣類に臭いが蓄積している可能性があります。

 

まずま、ハイターにつけ置きをして臭いをリセットしましょう。

できれば、柔軟剤も使うと臭い予防と自分の好きな香りにすることができます。

何時間も働くなかで、良い匂いに包まれていると幸せな気分になりますよ。

 

毎日の洗濯が難しい人は、できるだけ体臭や職場環境の臭いがつかないように気を付けましょう。

汗を抑えるだけでも、かなり臭いに違いが出てくると思います。

-汗について

Copyright© あせブロ , 2021 All Rights Reserved.